東京半日ツアーに参加する2010/12/25 20:54

配布されたガイドマップ

ご存知の通り、近年日本を訪れる中国人観光客が増え、銀座や秋葉原などの商店街では中国人向け誘致の対応がなされています。(デパートの入口等で「银联」の文字やステッカー(上の写真)をご覧になった方も多いかと思います)

外国語バスツアーのパンフレット

そんな中、今年の夏に地下鉄の駅で「外国語バスツアー」のパンフレットが目に留まり、持ち前の野次馬根性で外国語バスツアーの実態を知りたくなったのと、「自分の語学力を確認してみたい日本の方に」のおすすめ文句につられ、参加してみようかなと思いつつ、その時は忘れてしまいましたが、先日部屋を片付けている時にそのパンフレットが出てきて、何を思ったか衝動的にはとバスの予約センターに申し込みをしました。

中文導遊東京之旅
中文導遊東京之旅 posted by (C)Yongyi

参加したツアーは「東京半日コース」。朝9時に浜松町のバスターミナルを出発し、皇居前広場を散策した後、浅草へ向かうバスの車内から秋葉原を眺めて、最後に浅草寺を参拝するもの。時間にして2時間半、料金は1800円と手頃です。

今日の参加者は30人弱。日本人は私ともう一人中国語の堪能な初老の男性(会社関係の中国人8人程度を引き連れていました)、それに台湾に12年間暮らしていた経験があると言う日本人女性のガイドさん。私が言うのもおこがましいですが、さすがに流暢な中国語をお喋りになります。

出発前に、昼食を希望するツアー参加者にメニューの確認をしていて、「生鱼片」(お刺身)が食べられるかを訪ねていたのは聞いていて分かったのですが、「pángxiè」と言う単語が聞いても分からず、「pánxiè」だと勝手に思い込んで、持ってきた辞書を一生懸命ひいても結局分らずじまいでした。(あとで初老の男性に聞いたら正解は螃蟹:カニ。カニアレルギーの人がいるかを確認していた様です)まだまだ知っている語彙が少なくてダメですね。

定刻に浜松町を出発。ガイドさんは時折冗談を交えながら、名所を次々に紹介してゆきます。流暢な中国語と併せて、沿道の事物を正確に紹介しなくてはいけないのですから、ガイドさんは大変な仕事だと思います。(一方で2007年春に上海から来日した友達を案内した時の私のガイドは全然ダメダメでした)

皇居・二重橋前を訪ねるのは20数年ぶり。観光ツアーにでも参加しなければ、なかなか来ないところですね。皇居前広場には、先日の天皇誕生日の記帳所として使われていたテントや仮設トイレが片付けられずに残っていました。今度は正月の一般参賀の時に使うのでしょう。

二重橋にて記念撮影
二重橋にて記念撮影 posted by (C)Yongyi

皇居を出発し、永代通り・中央通りを走って日本橋を渡り、神田・万世橋を過ぎて秋葉原を通過。この周辺の案内は予想通り「コスプレ」と「メイドカフェ」の話題。「コスプレ」は中国でも「cosplay」で通じる(丁度NHKラジオ講座のテキストの最新号にコスプレの話題が出ていました)のですが、「メイドカフェ」は「女仆咖啡厅」(nǚpùkāfēitīng:下女・女中カフェ)と表現していてなるほどと思いました。決まり文句の「ご主人様お帰りなさいませ」は「大爷,回来了!」(dàyé,huílaile!)だそうです。

バスは秋葉原から上野駅を通過。浅草通りに入ると浅草寺の由来などを紹介していたようです。何年建立とか、一束100円の線香の煙を浴びて健康を祈るとか、本堂に行く前に手を清める作法とか、日本人の習慣としてお賽銭は5円玉を投げ入れるなどの紹介が何となく分かった程度。あとはチンプンカンプンでした。

仲見世商店街は早くも正月を迎える準備が整っていて、いかにも日本の正月らしい雰囲気が漂っていてなかなか良かったです。

仲見世商店街
仲見世商店街 posted by (C)Yongyi

常香炉で煙を浴び、手を清めて本堂でお祈りをしたのち、仲見世商店街で帰省土産の人形焼を購入して、雷門で参加者全員が集合して時間になったので、ツアー客の皆さんとはここでお別れをしました。

前述の通り、今回は残念ながら自分の語学力の無さを再確認したツアーでしたが、それでもたまには中国語の勉強を兼ねて、お上りさん気分を味わうためにまた参加してみるのも良いかな?と思った半日ツアーでした。

雷門にて
雷門にて posted by (C)Yongyi

進化しているラジオ講座2010/12/23 17:54

トレーニングから帰って来て、一風呂浴びて汗を流したり、衣服を洗濯しながらNHKラジオの「アンコール まいにち中国語」を聴いていたら、練習会話の中に「真酷!」と言う言葉が聞こえました。

「酷(kù)」は音から英語の「cool」に通じ、カッコイイと言う意味の若者言葉です。一昔前のテキストなら「真好看!」とでも紹介されていたでしょうが、最近の中国語講座もこの手の言葉を教えているんですね。

ラジオ講座(特に入門編)なんて、何年経っても同じような内容の繰り返しだろうと思っていただけに、聴いてビックリしました。

下饺子2010/12/06 19:52

下餃子
下餃子 posted by (C)Yongyi

ほとんど意味はないんですが、餃子を煮ている鍋を見ていたら、2007年に書いた記事をふと思い出したので、写真を撮ってみました。

谷保・国立へ行く2010/08/01 16:27


駐車場の様子

 昨年暮れに谷保の天満宮で行われた旧車祭の2回目が、今年の12月5日に行われることになり、そのエントリーを谷保天満宮で行うとの案内が来たので、6月の一泊ツーリング以来2ヶ月ぶりに愛車のエンジンに火を入れました。

Austin "Frogeye" Healey Sprite 

 10時ちょうどに駐車場に到着すると、既に国内外の数多くの個性的なクラシックカーが並んでいて、ちょっとした旧車イベント会場になっていました。

スポーツカーに挟まれたCountryman

 また今日8月1日は、102年前の明治41年に、有栖川宮様ご先導による「遠乗会」と称されたわが国初のドライブツアーが谷保天満宮を目的地として開催された日で、これを後世に伝えようと「タクリー号こども神輿」が披露され、神職による祈祷の後、子供たちにより梅林にある有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑前まで担がれてゆきました。

子供神輿にお祓いをする神職

 こども神輿披露を終え、ちょうど昼飯時になったので、以前立川の中国語教室でお世話になったS老師と大学通りのファミレスで待ち合わせをして、食事をしながら先日の北京旅行の話や、S老師が持参して来たiPadを触らせてもらったりして、午後のひとときを過ごしました。

北京ひとり旅(最終日)2010/07/09 22:25


景山公園から故宮を望む

 北京旅行も最終日を迎え、前日の天気予報では雨が降ると報じていましたが、朝起きると朝日が昇っているのが見えたので、旅行社が迎えに来るまでの約3時間を使って、近くの景山公園と北海公園へ写真を撮りに出かけました。

景山公園にて

 景山公園は何と言っても頂上の万春亭から見る故宮が感動的です。もう少し空気が澄んでいて、朝日が射していれば申し分ないのですが、まぁひょっこり訪ねてそうそう好条件が揃うわけはないですな。

 万春亭でしばらく故宮を眺めて麓に降りたところ、大勢の人々が太極拳をやっていました。上海の外灘の朝にも太極拳の撮影に挑戦していますが、ゆったりとした動きで撮影し易いかと思いきや、結構意外な動きをするため、ポーズが決まってもシャッターを押すタイミングを逃してしまい、納得のゆく写真が撮りづらい被写体の一つです。

 続いて隣の北海公園へ行き、5年前は改修工事で近づくことが出来なかった、白塔を見物しました。

白塔

 早朝から北海公園周辺の店(特に革靴や衣服を扱う店)には多くの(おそらく地方からの観光客)が押し寄せていたり、北海の池の周りには、やはり太極拳をやっている人や散策する人など、思い思いに過ごしている人がいましたが、彼らの中でも私が気に入っているのは、水を含んだ大きな筆で、敷石に(おそらく漢詩の一部と思われます)字を書いている人です。とにかく驚くほどの達筆なおじいさんがいて、書き終わると周囲の見物人から拍手を貰っていました。

敷石に文字を書くおじいさん

 北海公園は先日の圓明園と同様に、蓮の花が満開で、多くのアマチュアカメラマンが高級一眼レフで写真を撮影していました。

北海公園

 散策しているうち9時を過ぎたので、タクシーを拾ってホテルに戻り、荷物の最終チェック。10時にチェックアウトの手続き。予定通り10時15分に旅行社が迎えに来て、北京首都国際机場(飛行場)へと向かいました。

 車中で現地添乗員が「どこへ行きましたか?」と訪ねるので、「司馬台長城へ行ったら工事中だった」と話したら、「私は司馬台には行ったことがない。ほとんどの観光客は八達嶺に行きます」と言うので、よほど私は現地の観光業者も行かないような、マイナーな観光地を選んだ(しかも辿り着けなかったと言うオマケ付き)のでしょう。

 北京首都国際机場は、オリンピックを契機に飛行場の規模がそれまでの数倍に広がったため、高速道路の料金所を過ぎてからはどこをどう走っているのか分からなくなる程引き回され、ホテルからちょうど1時間で空港に到着。

 チェックインカウンターで荷物を預けたところで添乗員と別れ、出国手続き等を済ませて搭乗口へ移動。ちょうど12時になったので、昼食をと思い食事場所を探しましたが、巨大な空港の一番端のため大した食事施設がなく、やっと見つけた軽食堂も、三明治(サンドイッチ)ごときで結構いい値段がするため、手持ちの人民元が足りなくて、慌てて日本円で支払う羽目になりました。

昼食のサンドイッチ(パニーニ)

 食後搭乗口へ戻り、Z老師へ先日の食事のお礼とお別れの電話をかけたりしているうちに、搭乗手続きの時間となり、バスで飛行機のそばまで移動しました。

 我々の飛行機の隣には、懐かしい北京オリンピックのマスコットが描かれた飛行機が出発準備をしていました。

マスコットが描かれた飛行機

 帰りの飛行機は、ボーイング737と言う初めて乗る小型機。3列シート+3列シートで機内の狭さにはビックリです。ほぼ予定時刻の13:30に出発。

 機内サービスが始まり、中国語でコーヒーを注文したところ、隣に座っていた若い中国人がすかさず「あなたは何人か?」と話しかけてきて、「日本人だ」と答えると、「私たち(夫婦)は、団体旅行で東京と北海道へ行く」と話してきました。

 近年公開の中国映画に、北海道が舞台の作品があって、ロケ地巡りで中国人観光客が大勢北海道に訪れている、と言うニュースを聞いたり、また先日のZ老師との会話にも、やはりこの映画の話題が出てきましたが、まさか実際のツアー客に遭遇するとは思いませんでした。

 その後は中国語であれこれ会話が始まりましたが、方言なのか普通話の発音と違って聞き取りづらいので、メモを取り出して筆談をしながらの会話です。今回の旅行で最も中国語を使用したのは、皮肉にも帰国の際のこの時だったと思います。

 相手の中国人夫婦は四川省成都市から来たとのことから、こちらからも当初計画していた九寨溝・黄龍のことを訪ねてみたところ、この時期は雨が多くてダメだそうで、10月が良いから機会があればぜひ行ってみろと勧められました。

機内食(羊肉のご飯)

 そうこうしているうちに、日本時間18:10に成田に到着。隣り合わせた中国人夫婦へ、お決まりの文句「祝你们旅途愉快,一路平安(楽しい旅行を、道中ご無事で)」と声を掛け、握手をして分かれました。

 飛行機から降りて早速実家に帰国した旨の電話をかけ、入国審査等々の手続きを経て、京成電車・JRと乗り継ぎ21時過ぎアパートに到着。5日間の北京旅行は慌しくも無事終了しました。