久しぶりのジャージャー麺2012/07/17 22:06

紅虎家常菜のジャージャー麺
紅虎家常菜のジャージャー麺 posted by (C)Yongyi

会社帰り、夕食の食材を探しにデパ地下のタイムセールコーナーに立ち寄ったら、紅虎家常菜のジャージャー麺が置いてあったので、久しぶりにジャージャー麺を食してみるかと買って帰りました。

蓋を取ってみますと、タレと麺は別々になっていて、食べる際タレを麺にかける仕組みになっていました。

野菜は結構量があってまずまずだったのですが、問題は麺で、あまり期待はしていなかったのですが、案の定黄色い中華麺でした(´・ω・`)ショボーン

紅虎家常菜のジャージャー麺
紅虎家常菜のジャージャー麺 posted by (C)Yongyi

お金と時間があれば、北京で本場の「炸醤面」を食べに行くところですが、手近なところで「盛岡じゃじゃ麺」を食べに行ってみますか。

盛岡じゃじゃ麺を食べる2011/10/23 17:34

調理例
調理例 posted by (C)Yongyi

昨日の午後、久しぶりに銀座へ行って写真展を観てきたついでに、東銀座まで足を伸ばして「いわて銀河プラザ」に立ち寄って、復興支援の一助になればと、例のごとく「じゃじゃ麺」のパックを買って来ました。

今日の昼食は、このじゃじゃ麺を食してみました。

麺は乾麺と生麺の中間くらいの柔らかさ。7分前後茹でて、添付のタレをかけて完成です。今回はキュウリしか買って来なかったので、チョット寂しい限りですが、2食入りですので、次回はもうチョット豪勢に作りたいものです。

麺の食感は結構良いですね。以前五反田の「大康」で食べた麺を思い出しました。タレは写真で見るよりももっと茶色です。しょっぱさはありませんでしたが、辛さが感じられました。

タレは前回の「戸田久」の方が好みですが、麺は今回の「小山製麺」が良かったですね。ニコイチで作れば完璧かも?

盛岡じゃじゃ麺
盛岡じゃじゃ麺 posted by (C)Yongyi

ジャージャー麺の素(その2)2011/07/13 21:52

ジャージャー麺の素
ジャージャー麺の素 posted by (C)Yongyi

いつも利用しているスーパーで、新たな「ジャージャー麺の素」のレトルトパックを見つけたので、すかさず買い求めました。

先日丸美屋は2・3人前用で、独り者には持て余す量でしたが、今回のグリコ栄養食品は1人前です。

味は、どちらの製品も甜麺醤がベースになっているのですが、丸美屋は赤味噌が入って甘味が強いのに対して、グリコは豆板醤が入っているため、甘味に加えて少し辛味を感じました。

個人的には後者の味が気に入ったので、またスーパーで見かけたら買い求めたいと思います。

調理例
調理例 posted by (C)Yongyi

ジャージャー麺の素2011/06/13 21:27

ジャージャー麺
ジャージャー麺 posted by (C)Yongyi

会社帰り、夕飯は何にしようか考えながら近所のスーパーに立ち寄ったところ、入口近くの棚に「ジャージャー麺の素」なるレトルトパックが置いてあり、冷蔵庫にうどんがあるのを思い出したので、早速購入して試食することにしました。

うどんを茹でてソースをかけるだけですから、料理とは言えないくらい簡単なものです。具材は冷蔵庫にあるものを、適当にそれらしく盛りつけてみました。

お味のほうは、タレがチョット甘めですかね。本場の炸醤面はもっと塩辛いですが、出来合いのソースですから仕方ありません。

こんな事を書いているうち、また炸醤面を食べに北京へ遊びに行きたくなってきました。

ジャージャー麺の素
ジャージャー麺の素 posted by (C)Yongyi

盛岡じゃじゃ麺を食べる2011/05/21 22:07

盛岡じゃじゃ麺
盛岡じゃじゃ麺 posted by (C)Yongyi

昼間、東銀座の東劇に「シネマ落語」を観に行ったついで、と言っては何ですが、万年橋を挟んで反対側にある「いわて銀河プラザ」に寄って買い物をしようと思い、ショップ内を見て回ったら「盛岡じゃじゃ麺」の生麺パックがあったので、夕食用に購入しました。

盛岡じゃじゃ麺
盛岡じゃじゃ麺 posted by (C)Yongyi

盛岡じゃじゃ麺を食べるのは、かれこれ15年ぶり。北海道へのドライブの途中、高速道路のサービスエリアで食べて以来です。

ショップを出た足で、今度は以前からTBSラジオでしょっちゅう流れていて、耳にこびりついて気になっていた「かんのや」の「家伝ゆべし」をお茶菓子用に購入すべく、八重洲にある「福島県八重洲観光交流館」までぶらぶら歩いて行きました。

かんのや 家伝ゆべし
かんのや 家伝ゆべし posted by (C)Yongyi

帰宅後、早速「家伝ゆべし」を食してみました。独特の食感と素朴な味わいとでも言いましょうか、程よい甘さが良いですね。とりあえず今日は2個だけにしましたが、調子にのっていくらでも食べてしまいそうなお菓子です。

さて、夕食時になり早速じゃじゃ麺を茹でてみます。

購入した「麺匠・戸田久」の商品は、辛さを売りにしているのか、ラー油の小袋が付いていましたが、本場北京で食べた時、肉味噌に辛い印象はなかった(むしろ塩味が強い印象があった)ので、敢えてラー油は入れませんでした。

出来上がりは、具材が今ひとつ少ないのが難点ですが、自分で作って自分で食べるのですから、まぁよしとしましょう。

麺の茹で時間は、袋に書かれていた3分を守ったのですが、食感はかなりモチモチしていたので、茹で時間が短かったのか、盛岡じゃじゃ麺の特徴なのかは今ひとつ判断がつきませんが、あと1食ありますので、次回は茹で時間をチョット長めにしてみようと思います。