こどもの日2013/05/05 23:23

多摩湖周遊路にて
多摩湖周遊路にて posted by (C)Yongyi

10日間の連休もあっという間に残り2日になり、まだまだやりたいこと・やり残したことは山ほどあるのですが、とりあえず今日は午前中多摩湖周遊路へトレーニング。

帰省中に2回赤城山へ登ったためか、心なしか腹が引き締まってきた様な感じがするのと、1周めのタイムは33分ちょうどでしたので、脚力も僅かながら戻ってきた感じです。いつも通り2周回って帰宅の途に。

足打ちうどん処 「七」
足打ちうどん処 「七」 posted by (C)Yongyi

昼食は国分寺の「足打ちうどん処・七」さんへ。こちらのお店では、食券の半分を5枚集めて持って行くと、1食分ただになるサービスをしています。昨年から通いだしてようやく5枚貯まったので、今回このサービスを受けることにしました。

帰宅後は風呂に入って汗を流し、サイクルウェアを洗濯して一休みした後、電車に乗って渋谷駅へ移動。

Shibuya BEER Terminal
Shibuya BEER Terminal posted by (C)Yongyi

3月に役目を終えた東急東横線・渋谷駅跡では、連休期間中様々なイベント(ekiato SHIBUYA)開催していますが、今日までの5日間はビヤホールを開設しているとニュースで報じていたので、さっそく野次馬根性で出かけました。

入口で500円を払うと1枚チケットをもらえるので、これを持って飲みたいビールサーバーの前に並ぶと、ポリカップ1杯の生ビールがいただけます。

Shibuya BEER Terminal
Shibuya BEER Terminal posted by (C)Yongyi

駅構内を利用した広い会場は、大勢のお客でごった返していて座る場所はありません。もっとも私の目的はビールよりも会場の一番端の、かつてのホームが見える場所で写真を撮ることでしたので、座れなくとも一向に構わないんですが。

東急東横線・旧渋谷駅
東急東横線・旧渋谷駅 posted by (C)Yongyi

明日はこの渋谷駅跡を利用したイベントの最終日ですので、おそらく鉄ヲタどもが大挙して押し掛けるでしょうから、落ち着いて撮影できないでしょう。今日出掛けて正解でした。

渋谷駅で撮影後は新宿駅に戻り、小田急百貨店・新宿店で開催中の「サイクルフェスタ」でフォトグラファー:砂田弓弦氏の写真展を見学するため移動。

サイクルフェスタ会場
サイクルフェスタ会場 posted by (C)Yongyi

催事場へ着くと、どこかで聞いたことのある声が?と思ったら、サイクルライフナビゲーターの絹代さんがMCを務めるイベントがちょうど終わるところでした。事前にもっとイベント情報をチェックしておけば良かったと、ちょっと後悔…

砂田氏の写真展は見応えがありました。説明書きにツール・ド・フランスに参加するカメラマンは300人ほどいても、バイクに乗っての撮影が出来るカメラマンは僅か12人だそうで、砂田氏はその数少ないカメラマンの1人とのこと。

中継映像を見ると、大型バイクの後部座席に後ろ向きになってカメラを構え続けるのですから、並大抵の気力・精神力がないと務まらない仕事だと思いますが、過酷な状況下でも的確に被写体を捉えて作品を作るのですから、流石プロは違うと感心すること然りです。

渋谷で飲んだビールで酔いが回っていい気分になり、夕方の下り電車に乗って帰宅しました。

さて連休最終日は何をしますかね?この記事を書いている時点で早くも「サザエさん症候群」が始まりつつあるんですが…

赤城山ヒルクライム(試走2)2013/05/03 20:41

赤城山
赤城山 posted by (C)Yongyi

GW後半戦の初日。昨日は終日強風で閉口しましたが、今朝はどうにか風が弱まったので、一昨日に引き続き試走に出かけてきました。

今日も途中数カ所で写真撮影や、姫百合駐車場で小休止のため自転車を降りましたが、2時間35分でゴール地点の赤城山総合観光案内所に到着。休まなければ2時間半と言ったところでしょうか?

それにしてもこのところ怠惰な生活を送っているおかげで醜いまでに腹が出てしまったので、さしづめ夏場は減量に務めるのと、カセットスプロケットを1段大きいものに交換しますかね。

頂上は寒いので早々に下山。今日の昼飯は麓の時沢地区で見かけた手打ちうどん・そばの店「あっちゃん」に立ち寄りました。

民家の座敷で食事が出来るのかと思いながら敷地内に入り案内板に従って進むと、倉庫のような建物の一角に暖簾が下がっています。

店内に入って驚いたのは、ずらりと並んだオフィスチェア。お客さんは壁に向かって座って食事をするので、職場での昼飯とか駅の立ち食いそばを連想させます。独りでフラッと立ち寄るには良いかと思いますが、家族連れにはどうかなぁ?と思う座席の配置です。

あっちゃん(店内)
あっちゃん(店内) posted by (C)Yongyi

注文したのはざるうどん。田舎風のうどんを期待していたのですが、白いつるつるしたうどんで、どちらかと言えば水沢うどんに近い印象です。

食後にご主人と話したところでは、小麦粉は本当は地元で栽培した「農林61号」を使いたかったそうですが、栽培地により味が微妙に異なり、地元産の粉はご主人のお眼鏡には適わなかったそうです。

その代わり蕎麦粉は地元産を使っているそうなので、次回立ち寄る機会があれば蕎麦を注文してみようと思います。

ざるうどん
ざるうどん posted by (C)Yongyi

桐生行き2013/04/30 11:46

ひもかわうどん
ひもかわうどん posted by (C)Yongyi

群馬県は小麦の産地であることから、(諸説ありますが)日本3大うどんの一つ「水沢うどん」や郷土料理の「おっきりこみ」など、うどん・小麦粉文化が盛んです。

近年B級グルメで有名になったものに「ひもかわうどん桐生うどん)」がありますが、私は未だに食したことがないので、今日は両親を連れて桐生へ出かけました。

出かける前にインターネットのグルメ情報サイトで情報を仕入れたつもりでしたが、連休の谷間・前日が祝日という事もあってか、第一に狙っていたお店はお休み。

慌てて他の店を調べたものの、桐生の中心部へ出かけるのは初めてのため土地勘が全くなく、暫く街なかをうろつくも結局2軒目もお休み。

ようやく見つけた3軒目でお目当ての「ひもかわうどん」にありつくことができました。

きしめんの様なものか?と想像していましたが、それよりも腰と言うか歯ごたえ・食感があり、またのどごしが良くて、ツルツルいけます。

一見して量がやや少ないかな?と思ったのですが、意外に腹持ちが良く、天ぷらも付いて650円はお値打ちでした。(ただ難を言えば、店員さんがお歳を召した方ばかりで、注文を間違えたり、声を掛けてもなかなか気が付かなくてイライラさせられたのは残念でした)

食後は、水道山公園に立ち寄ってみました。小学校2年生の遠足が桐生が丘公園と確か水道山公園だったと思いましたが、40年前のことで、今となっては全く記憶にありません。

水道山公園
水道山公園 posted by (C)Yongyi

小さなカレー屋2013/04/12 09:08

キーマカレーとナン
キーマカレーとナン posted by (C)Yongyi

最寄り駅までの道の途中に、1軒の空き店がありましたが、今日小さなカレー屋としてオープンしたので、さっそく仕事帰りに寄ってみました。

若い男女(夫婦なのか友人なのかは不明)2人で切り盛りしていましたが、まだ慣れていないのか、注文にしてから出されるまで結構待たされてしまいました。

可笑しかったのは、ナンを載せている皿が、私のもそうでしたが、隣のお客さんの皿も龍や雲の絵が書かれていて、どうやら中華屋さんで使われていた皿を再利用したようで、落語の「鰻の幇間」を思い出してしまいました。

とまぁ、なんのかんの言いながらも、近所に適当な飲食店がないので、今後も機会を見て利用したいと思います。

今日のブランチ2013/02/24 14:35

肉汁うどん
肉汁うどん posted by (C)Yongyi

今朝もいつも通り5時半にアラームで起こされラジオをつけたものの、いつしか二度寝をしてしまい、気がついたらNHK R1の「音楽の泉」が流れていました。

昨日うっかりして朝食を買い忘れていたので、近所のスーパーもしくはファストフード店の朝食メニューでも買いに行こうかと思いましたが、もう少し我慢をして朝昼兼用でブランチにしようと思い、11時開店の国分寺の足打ちうどん処「七」へ行って来ました。

こちらで食べたいのは、1日限定10食の「肉汁うどん」。具だくさんのつけ汁とボリュームたっぷりのかき揚げが付いて600円ですから、非常にお得感があります。

いつもは開店直後から大勢のお客さんで賑わっていますが、今日は私が1番乗りで入店してから帰るまでお客さんは3人のみ。

食後ご主人と話す機会があり伺ったところでは、近所の大学で明日から入学試験がある関係で、学生さんはほとんど帰省していることも影響しているのではないか?とのこと。

井筒監督にどことなく似ているご主人は、子供の頃に群馬県で暮らしていたこともあるそうで、脱サラして'01年にこのお店を開いたとのこと。

うどんの修行した事はないそうですが、今日も遠方からリピーターさんが訪ねて来るほどの有名店に成長させたのですから大したものです。

帰りに佃煮のお土産をいただきました。ありがとうございます!また寄らせてもらいます(^^♪