黒門亭 1975回「小さん芸語録」出版記念2012/09/01 20:44

ホワイトボード
ホワイトボード posted by (C)Yongyi

数日前、たまたま(一社)落語協会のHPを閲覧していたところ、柳家小里ん師の近著「五代目小さん芸語録」出版記念として、先代小さん一門の師匠方、中でもお気に入りの柳亭小燕枝師が出演されると告知されていたので、これは聴きに行かねばと言うことで、朝一番に通院を済ませて上野の黒門亭へ出かけてきました。

1975回の出演者・演目は下記の通り。

黒門亭 1975回 「小さん芸語録」出版記念

ー開口一番ー
 三遊亭 しあわせ 「子ほめ」

 柳家 さん福 「普段の袴」
 柳亭 小燕枝 「千早ふる」
ー仲入りー
 柳家 小里ん 「笠碁」
 座談会「小さんを語る」(進行:三遊亭金八)

開口一番のしあわせさんはお初見。緊張していたのか高座に上がる時の顔が硬くなっていたのがちょっと気になりました。芸名にふさわしくもうすこし柔和な笑顔があると良かったと思いましたが、噺の方は前座さんにありがちな、おどおどしたり上滑りの感じがなく落ち着いた語りで、言葉や上下の切り分けもしっかりしていて良かったです。今後も期待したいです。

続いてさん福師。師匠の思い出で、将棋で師匠を負かしたら逆に剣道で思い切り突かれたなどの話を披露。

「普段の袴」は地味で笑いが少ないと話されていましたが、私は結構好きな噺ですね。

続いてお目当ての小燕枝師の登場。「千早ふる」は数年前の「サライ」に付録の柳家小三治師口演のCDで、それこそ耳にタコが出来るほど繰り返し聴いていましたが、実演で聴くのは今回が始めて。やはり音声だけでなく、仕草が加わるとより一層楽しめます。

演者は違えど、セリフ回しはほとんど同じだったのは、柳家のお家芸として基礎がしっかりしているためでしょう。

仲入り時に本の販売。小里ん師のサイン入りで欲しいなと思ったのですが、4冊しかなく残念ながら購入できず。

トリは本の著者である小里ん師。感想はもぅ「素晴らしい」としか言い様がないです。セリフの間合いや目線の動きは、まさしく師匠譲りでしょう。先代小さん師匠の実演には接したことはありませんが、おそらくこんな感じだったんだろうなと思わせる高座で、本当に良い物を見せていただきました。

小里ん師の高座はこれまで4回しか接していませんが、今後機会を見つけてなるべく多くの噺を聴きたいと思います。

最後に今日の出演者が高座に上がり、三遊亭金八師の司会による座談会。

もはや伝説となっている「大食い」については、弟子の誰もが苦労した様子が伺えて会場は大いに盛り上がりました。今日は本当に聴きに来て良かったと思った好企画でした。

さて、下の写真はさん福師の噺の中で、上野広小路・御成街道を説明する中で出てきた「うさぎや」さんのどらやき。落語を聴いていて気になったので、黒門亭からの帰りに寄って購入しました。

できるだけその日のうちに食べるのが良いとのことで、帰宅後早速いただきましたが、やはり出来立ては旨かったです。

どらやき
どらやき posted by (C)Yongyi

また、帰宅後市の図書館へ行ったところ、件の本があったので早速借りてこれから寝しなに読もうと思います。

雨の日曜日2012/09/02 21:29

朝顔
朝顔 posted by (C)Yongyi

今日は朝から強い雨が降ったり止んだりで、当然公道トレーニングはできませんでしたし、結局室内でのローラー台トレーニングも、なんか気分が乗らないので止めてしまいました。

昼前雨が止んでちょっと日が差して来たので、近所のスーパーへ傘も持たずに出かけたら、帰る頃には土砂降りの雨で結局30分以上足止めを食らってしまいました。

雨のお陰でだいぶ涼しくなって、昼飯を食べた後は暫く昼寝。

3時頃に饅頭を食ったりネットサーフィンをしてウダウダ過ごし、あっという間に日曜日が終わってしまいました。何とも非生産的・怠惰な一日でした…

嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム2012/09/09 16:48

万座ハイウェー入口にて
万座ハイウェー入口にて posted by (C)Yongyi

夏前に届いたメールマガジンで、嬬恋村で開催されるヒルクライム大会「第1回嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会」を知り、9月末の「第2回まえばし赤城山ヒルクライム大会」の足慣らしに良いかもと考え、友人Iを誘って参加してきました。

開催場所は、群馬県吾妻郡嬬恋村の三原から万座温泉を結ぶ有料道路「万座ハイウェー」。

子供の頃に1度ナイタースキーをするため通った記憶がありますが、夜だったこともありどんな道だったかはハッキリと覚えていませんでした。

前日の午後3時に長野原町で友人Iと合流し、JR吾妻線 万座・鹿沢口駅前の「明治屋旅館」さんにチェックインしてから近くの受付会場へ行き、ゼッケンや計測チップ、大会プログラムなどを受け取りました。

明けて大会当日。早朝から大勢の参加者が選手待機場所とスタート地点の間の坂を往復してウォーミングアップをしているのを見かけました。

朝から天気がよく、スタート地点付近の気温は25℃前後を示していて、案の定スタート直後から高温と直射日光に悩まされましたが、途中の第2関門(ドライブイン)を過ぎた辺りから、薄雲がでて気温も結構下がったことが実感出来ました。

「万座ハイウェー」は普段自転車は通行禁止で、事前の試走が出来ない未知の道路ですが、初めて走って感じたのは路面がかなり良くて走り易かったことです。

管理の行き届かない道路ですと、タイヤをパンクさせない様、出来るだけ路面状態の良い場所を探しながら走るのですが、今回はそのようなことをほとんど気にすることもなく、有効幅をいっぱいに使うことが出来ました。

また大会コースで面白かったのは、途中ほとんど平坦もしくは緩い下り坂の区間が何箇所かあったことです。が、せっかく下り坂の区間を走っても、タイムを縮められるほどスピードが出せなかった(足が回らなかった)のは残念です。

今回は小中学生の参加者が結構多く、彼らに軽々と追い抜かれ、かなり後のグループでスタートした友人Iにもゴール手前数kmで抜かれてしまいました。

残念ながら目標タイムの1時間半を切ることは出来ませんでしたが、トラブルも身体の故障もなく無事完走。

おもてなし
おもてなし posted by (C)Yongyi

ゴール後は表彰式会場で地元の人達のおもてなしを堪能しました。

これまで参加したヒルクライム大会では、レース後はせいぜい豚汁が出される程度でしたが、今日は地元特産のキャベツを始めとした農畜産物や饅頭・お汁粉などが盛大に振舞われ、十分昼飯代わりになって大満足でした。

おもてなし
おもてなし posted by (C)Yongyi

最後の選手がゴールした頃合いをみて、数10人ずつの集団で下山開始。疲労対策で途中2ヶ所で休憩をするため、多少まどろっこしく感じましたが、これも大会中の事故を防ぐため。万一の事が発生したら次回がなくなってしまいますからね。致し方のないことです。

下山準備
下山準備 posted by (C)Yongyi

大会の数日前までは天気予報に雨マークが出ていてどうなることか心配していましたが、終わってみれば天気に恵まれた中で無事終了して良かったと思います。

大会の募集要項には、平均勾配が4.4%と書かれていたので「大したことはないだろう」と高をくくって参加しましたが、平坦や下り坂があるとは思わず、当日走ってビックリの状態だったので、次回参加する時には、コースの特徴を有効に使い、1時間半を切れるよう更に精進を重ねたいと思います。

廃線跡を歩く2012/09/15 19:00

東三原駅跡
東三原駅跡 posted by (C)Yongyi

「鉄道ヲタク」「鉄ちゃん」もかなり世間に認知される様になって来まして、彼らの中には撮影が中心の「撮り鉄」や乗車することが中心の「乗り鉄」などの分類がありますが、変わったところでは現在は廃線になって存在しない鉄道の遺構を探して歩くファンも多く、それを特集した書籍も多数あります。(例:鉄道廃線跡を歩く JTBキャンブックス

前の記事の「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」のスタート地点:嬬恋村の三原地区には、昭和37年まで「草軽電気鉄道」と言う名称の鉄道が走っていました。

草軽電気鉄道(祖父撮影)
草軽電気鉄道(祖父撮影) posted by (C)Yongyi

特に今回宿泊した「明治屋旅館」さんの部屋の窓からは、かつての線路跡を見下ろすことが出来、また近くには、急勾配を登るための「スイッチバック」と呼ばれる方式を採用した「東三原駅」があって、ちょうど良い機会なので大会終了後下山途中で寄り道して撮影してきました。

廃線跡(上州三原~東三原間)
廃線跡(上州三原~東三原間) posted by (C)Yongyi

赤城山ヒルクライム(下見3)2012/09/16 18:24

サイクルスタンド
サイクルスタンド posted by (C)Yongyi

今月末の「第2回まえばし赤城山ヒルクライム大会」に向けて、この連休は最後の下見のため実家へ帰省しました。

いつもの通り8時半に実家を出発。前橋市合同庁舎で時間調整をして、8時47分に上細井交差点を通過。

朝から青空の広がる良い天気で、気温の上昇を心配していましたが、案の定旧料金所手前の温度計は28℃を表示。ここへたどり着くまでにも強い日差しと、先週のヒルクライム大会の疲れが残っていたのでしょう、スタートから45分ちょうどでようよう旧料金所に到着。

一旦自転車を停めて洗顔と給水。5分間ほど休んで再スタート。

この辺りから上は沿道の木々の影のお陰でだいぶ走りやすくはなりましたが、スピードは大して上がらず。それでも何度も試走したお陰で、単調に思えたコースもようやく頭に入り、先が読めるので気分的に楽に走ることが出来ました。

姫百合駐車所にも一旦立ち寄り5分間ほど休憩してから再スタート。

結局今日は2時間23分でゴール。前回お盆休みの時はパンク修理があったため単純に比較は出来ませんが、まぁこんなものでしょうか?せめて休憩をとらず一気に登り切れたら良かったんですがね。

流石に連休の真っ只中と言うこともあってか、登っている最中も大勢のヒルクライマーとすれ違いましたし、ゴール地点の「赤城山総合観光案内所」にも数え切れないほどのヒルクライマーが入れ替わり立ち代り訪れては、名物のソフトクリームを食べたり、愛車を前に自転車談義を繰り広げていました。

登っている最中一時的に霧雨がぱらついたり、上空に黒い雲が見えたので、30分ほど滞在して慌ただしく下山しました。

さてさて、去年はかろうじて2時間を切りましたが、再来週の大会はどうなりますことやら。秋空の涼しい気候の中で去年並みのタイムを出せれば言うことないんですが。

このところ腹の出っ張りも気になっているので、当日までに数kg減量もしなければなりません。

ソフトクリーム
ソフトクリーム posted by (C)Yongyi