3月11日2012/03/11 22:12

紅梅
紅梅 posted by (C)Yongyi

早いものでと言う言葉が適切か悩む所ではありますが、3月11日が巡って来ました。

あらためて先の「東日本大震災」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

被災されました皆様におかれましては、一日も早く平穏な生活に戻れますよう、心よりお祈りを申し上げます。

気が付けば3月2012/03/03 21:05

写真展「生きる」チラシ

先月は仕事の関係で遅い時間に帰宅することが多く、また休日は疲労による気力の低下で無為に過ごす事が多く、結局ブログを更新すること無く過ごしてしまい、気が付けば早いもので3月を迎えてしまいました。

今日は月に一度の通院で、昼過ぎに新宿へ。診察後徒歩で新宿御苑前にある「富士フォトギャラリー新宿」で開催中の、公益社団法人日本写真家協会(JPS)主催による写真展「生きる」を見学してきました。

先の大震災を後世に残すために編纂した同名の写真集よりピックアップされ、大伸ばしされた作品が数多く展示されていましたが、これまでテレビやインターネットの動画サイトなどで目にしたことのない、違う視点から撮影された作品が多く、中には撮影されたカメラマンご自身が、公開するのに抵抗があったと語るほど衝撃的な写真もありました。

その一方で、被災地で力強く復興に向けて生活する人々や、屈託の無い子供の笑顔の写真があったのは救いでした。

東京での展示は今月15日(木)まで。新宿駅からですとちょっと距離はありますが、是非足を運んで見学されることをお薦めします。

上野界隈を歩く2011/11/03 22:02

上野鈴本演芸場にて
上野鈴本演芸場にて posted by (C)Yongyi

今日は(社)落語協会の復興支援寄席の日。

五街道雲助・柳家小満ん・金原亭伯楽と渋い師匠連を見て、これは是非聴きに行かねばと、早朝洗濯を済ませて中央線に飛び乗りました。

ところが何をどう間違えたのか、会場を池袋演芸場だと思い込み現地に到着したところ、それらしい様子が感じられなくて、おかしいなとTwitterでつぶやいたところ、フォローされている噺家の師匠からすかさず「復興支援寄席は鈴本ですよ」と連絡があり、慌てて山手線に飛び乗って上野へ。

ところで話は違いますが、噂には聞いていましたが、池袋駅の北口周辺には中華街が出来るくらい中国物産を扱うお店があって、北口を出た瞬間周囲に漂う空気の匂いが、中国を旅行した時に感じたのと同じだったのには驚きました。

さて、慌ただしくも9時過ぎに上野鈴本演芸場に到着。さほど待たず9時半頃に開場し入場。

今日の演目は下記の通り。

落語協会復興支援寄席『第二回 じっくり落語会』

 五街道 雲助 「ずっこけ」
 柳家 小満ん 「二十四孝」
 金原亭 伯楽 「芝浜」

今日は実演で聴くのは初めての噺ばかりで、なかなか新鮮でした。

「ずっこけ」の雲助師、陽気な酒飲みを演じるともう最高です。期待通りの高座でした。

小満ん師、午前中でまだ本調子ではなかったからでしょうか、セリフがすんなり出てこない箇所が見受けられたのは残念でしたが、それでも大いに楽しませていただきました。

伯楽師は短い挨拶の後すぐに噺に突入。もう「芝浜」の季節なんだなぁと思いながら聴いていました。3人で1時間半ですから、1人当たりの持ち時間も長く、伯楽師も終演時間を過ぎてタップリ演じて下さいました。

終演後、チョット早めの昼食をと思い、前回鈴本演芸場からの帰りに御徒町駅へ向かう途中で見かけた生煎包(焼き小龍包)の店を思い出し、テイクアウトして上野公園で食べようかと思い、件の店に向かいました。

店頭に生煎包、スープ、炒飯セットのサンプルがあり、小姐に店内で食べられるのかと尋ねたら、2階へどうぞと案内されて店内で食べることにしました。

ほどなく出された生煎包は、なかなか大きくて形や焼き方など本場・上海で見た物とほとんど同じで、中には熱々のスープもタップリ入っていて大満足でした。(こちらのブログには、同じお店の池袋店の様子が紹介されています)

生煎包(焼小龍包)
生煎包(焼小龍包) posted by (C)Yongyi

食後はアメ横のお店を覗きながら再び上野駅方面へ戻り、恩賜上野公園の入口にある東京文化会館へ。ここで昨日から22日まで東京文化会館50周年記念で開催されている、写真家・木之下晃氏の写真展「20世紀のマエストロ100人」を観ました。

木之下晃写真展
木之下晃写真展 posted by (C)Yongyi

クラシック音楽に興味を持ち始めた頃から、音楽家の写真と言えばほとんど木之下氏の作品ですが、古今東西のマエストロの決定的瞬間を捉えた写真の数々、やはり大伸ばしにしますと迫力がありますな。

それにしてもコンサート会場と言うそれほど光量がないところで、どうやって速い動きを捉えるのでしょうね?相当フィルムの感度を上げていると思われますが、この辺りのデータも付け加えてもらえると参考になります。

っと、朝早くから上野界隈を歩いて、帰りに新宿のタワーレコードに注文したクラシックのDVDが入荷したとの連絡が入ったので、新宿に立ち寄り、自宅近くのスーパーで食糧の買い出し、図書館で本やCDを借りて早めに帰宅しました。

盛岡じゃじゃ麺を食べる2011/10/23 17:34

調理例
調理例 posted by (C)Yongyi

昨日の午後、久しぶりに銀座へ行って写真展を観てきたついでに、東銀座まで足を伸ばして「いわて銀河プラザ」に立ち寄って、復興支援の一助になればと、例のごとく「じゃじゃ麺」のパックを買って来ました。

今日の昼食は、このじゃじゃ麺を食してみました。

麺は乾麺と生麺の中間くらいの柔らかさ。7分前後茹でて、添付のタレをかけて完成です。今回はキュウリしか買って来なかったので、チョット寂しい限りですが、2食入りですので、次回はもうチョット豪勢に作りたいものです。

麺の食感は結構良いですね。以前五反田の「大康」で食べた麺を思い出しました。タレは写真で見るよりももっと茶色です。しょっぱさはありませんでしたが、辛さが感じられました。

タレは前回の「戸田久」の方が好みですが、麺は今回の「小山製麺」が良かったですね。ニコイチで作れば完璧かも?

盛岡じゃじゃ麺
盛岡じゃじゃ麺 posted by (C)Yongyi

東日本復興支援チャリティCD2011/08/29 21:22

MARTHA ARGERICH

収録曲目
 シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
 ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11

 演奏
 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 クリスティアン・アルミンク(指揮)
 新日本フィルハーモニー交響楽団

マルタ・アルゲリッチからのメッセージ

 地震の犠牲となられた方々のために、私にできることはなんでもいたします。
 シューマンとショパンのライヴ録音も、どうかそのために役立ててください。
 私は日本の状況をとても憂い、とても気にかけています。
 ニュースをずっと見ていますが、
 日本の皆様の計り知れない痛みと、それに耐える勇気を感じ、
 皆様への深い愛と尊敬の念を抱かずにはおられません。
 一刻も早く日本を訪れることを願っていますが
 言葉では、とても表現しつくせません。ごめんなさい。

 マルタ・アルゲリッチ

遅ればせながら、話題のアルゲリッチ女史の新譜を購入しました。

5月に発売開始された当初、いつも利用しているタワーレコードでは取り扱いがなかったので購入することが出来なかったのですが、今月からようやく取り扱いを始め、また先週末はポイントが3倍になるので、丁度良い機会と思い購入した次第です。

ご存知の通り、このCDはショパン・シューマンの生誕200年とアルゲリッチ女史の生誕70年(女性の年齢を言うのもなんですが)を記念して企画されたものが、左記の震災に心を痛めた女史やアーチスト全員が、印税収入を放棄して震災復興に充てて欲しいと、急遽チャリティーCDとして発売になったものです。

またCDのプレスは、震災から比較的早く復旧した仙台市の(株)オプトロムが担当し、地域産業復興の一助にもなっています。

演奏については言うまでもありません。とにかく年齢を感じさせない華やかさと力強さ、そしてピアノの一音一音が際立つ優秀な録音に、大変満足しております。

何はともあれ、この素晴らしい演奏を愉しみながら、復興支援にも繋がるこのCD、クラシック音楽ファンのみならず多くの方に是非お勧めします。