こどもの日2013/05/05 23:23

多摩湖周遊路にて
多摩湖周遊路にて posted by (C)Yongyi

10日間の連休もあっという間に残り2日になり、まだまだやりたいこと・やり残したことは山ほどあるのですが、とりあえず今日は午前中多摩湖周遊路へトレーニング。

帰省中に2回赤城山へ登ったためか、心なしか腹が引き締まってきた様な感じがするのと、1周めのタイムは33分ちょうどでしたので、脚力も僅かながら戻ってきた感じです。いつも通り2周回って帰宅の途に。

足打ちうどん処 「七」
足打ちうどん処 「七」 posted by (C)Yongyi

昼食は国分寺の「足打ちうどん処・七」さんへ。こちらのお店では、食券の半分を5枚集めて持って行くと、1食分ただになるサービスをしています。昨年から通いだしてようやく5枚貯まったので、今回このサービスを受けることにしました。

帰宅後は風呂に入って汗を流し、サイクルウェアを洗濯して一休みした後、電車に乗って渋谷駅へ移動。

Shibuya BEER Terminal
Shibuya BEER Terminal posted by (C)Yongyi

3月に役目を終えた東急東横線・渋谷駅跡では、連休期間中様々なイベント(ekiato SHIBUYA)開催していますが、今日までの5日間はビヤホールを開設しているとニュースで報じていたので、さっそく野次馬根性で出かけました。

入口で500円を払うと1枚チケットをもらえるので、これを持って飲みたいビールサーバーの前に並ぶと、ポリカップ1杯の生ビールがいただけます。

Shibuya BEER Terminal
Shibuya BEER Terminal posted by (C)Yongyi

駅構内を利用した広い会場は、大勢のお客でごった返していて座る場所はありません。もっとも私の目的はビールよりも会場の一番端の、かつてのホームが見える場所で写真を撮ることでしたので、座れなくとも一向に構わないんですが。

東急東横線・旧渋谷駅
東急東横線・旧渋谷駅 posted by (C)Yongyi

明日はこの渋谷駅跡を利用したイベントの最終日ですので、おそらく鉄ヲタどもが大挙して押し掛けるでしょうから、落ち着いて撮影できないでしょう。今日出掛けて正解でした。

渋谷駅で撮影後は新宿駅に戻り、小田急百貨店・新宿店で開催中の「サイクルフェスタ」でフォトグラファー:砂田弓弦氏の写真展を見学するため移動。

サイクルフェスタ会場
サイクルフェスタ会場 posted by (C)Yongyi

催事場へ着くと、どこかで聞いたことのある声が?と思ったら、サイクルライフナビゲーターの絹代さんがMCを務めるイベントがちょうど終わるところでした。事前にもっとイベント情報をチェックしておけば良かったと、ちょっと後悔…

砂田氏の写真展は見応えがありました。説明書きにツール・ド・フランスに参加するカメラマンは300人ほどいても、バイクに乗っての撮影が出来るカメラマンは僅か12人だそうで、砂田氏はその数少ないカメラマンの1人とのこと。

中継映像を見ると、大型バイクの後部座席に後ろ向きになってカメラを構え続けるのですから、並大抵の気力・精神力がないと務まらない仕事だと思いますが、過酷な状況下でも的確に被写体を捉えて作品を作るのですから、流石プロは違うと感心すること然りです。

渋谷で飲んだビールで酔いが回っていい気分になり、夕方の下り電車に乗って帰宅しました。

さて連休最終日は何をしますかね?この記事を書いている時点で早くも「サザエさん症候群」が始まりつつあるんですが…

赤城山ヒルクライム(試走1)2013/05/01 09:48

赤城山総合観光案内所にて
赤城山 総合観光案内所にて posted by (C)Yongyi

9月29日(日)に開催が予定されている「第3回 まえばし赤城山ヒルクライム大会」参加に向けて、今年初めて赤城山へ登って来ました。

このところ自転車に乗る機会が少なく、先月の「第18回 ツールド草津」も気が向かず不参加してしまう(結局降雪のため中止)有様で、果たしてゴールまでたどり着けるか不安でしたが、写真を撮りながらのんびり休み休み登って、スタートから3時間ちょうどでゴール地点に無事到着。

半年ぶりに県道4号線を走ってみますと、だいぶ様子が変わっていました。一番驚いたのは、かつて料金所があった場所の観光案内施設とトイレ・自動販売機がなくなってしまったこと。

料金所跡
料金所跡 posted by (C)Yongyi

頂上は風が少し冷たかったですが、お約束のアイスクリームを賞味。体が冷え切らないうち早々に下山。平日にも関わらず、10人近い自転車乗りとすれ違いまし た。

多摩湖サイクリング2013/03/23 18:26

残堀川にて
残堀川にて posted by (C)Yongyi

先週土曜日から、肩こりや首の傷みが酷く、先週9時間も桟敷席でほぼ固まった状態で落語を聴き続けていたからか?と思っていましたが、会社の同僚の意見やネットで調べてみますと、どうやら運動不足が原因で筋力が落ちているためであろうとの結論に至りました。

確かに冬の間は寒くてトレーニングをサボり、春になったら強風やら花粉でトレーニングをサボりの繰り返しでした。

おかげでウエストがだいぶ太くなり、ベルトがキツくて仕方がないので、今日は暖かいので花見を兼ねて久しぶりに多摩湖へ走りに行ってみました。

昨日でしたか東京地方はサクラが満開になったと報じていましたが、多摩地域は満開のサクラも多少あったものの、大半はまだ7分咲き程度でしょうか。都立狭山公園のサクラも満開まではあと数日掛かると思います。

今度の週末までサクラが持ってくれれば、次回はさぞかし華やかな気分でサイクリングが出来ることでしょう。

多摩湖畔にて
多摩湖畔にて posted by (C)Yongyi

多摩湖トレーニング2013/01/06 14:59

村山下貯水池にて
村山下貯水池にて posted by (C)Yongyi

昨年10月の「第1回wiggle東京グランフォンド」終了以降全くトレーニングを行わず、加えて(毎年のことながら)年末年始を怠惰に過ごしたおかげで、体重増・筋力の低下が著しく、正月2日に赤城山中腹の赤城神社まで行ってみようと挑戦したものの、途中で気分が悪くなって断念してしまう体たらくっぷりには、本人もいい加減呆れ返る次第で、これではイカンと今日から再びトレーニング再開です。

久しぶりにロードバイクを組み立てたところ、チューブが劣化して空気が漏れて慌ててチューブを交換するなど、出発前にバタバタしてしまい、8時40分過ぎにアパートを出発。

正月3日のタキザワさんの初売りで購入した冬用ウェアを初めて着用しましたが、さすがに大枚(?)をはたいて購入しただけあって、防寒性能は大したもので、上半身からはほとんど寒さは感じませんでしたが、一方で足先は少し厚手のシューズカバーを新調したものの、やはり冷気が侵入してつま先は辛いものがありました。

いつも通り多摩湖を時計回りに1周。久しぶりと言うこともあって、坂道の登りが辛くてスピードが出せずに結局37分弱。

武蔵大和駅前のコンビニで小休止した後再スタートして3/4周ほど走って、いつも通り村山下貯水池の堤体で終了。あいにく薄雲が出始めてスッキリとはいきませんでしたが、今年初めて富士山を見ることができました。

多摩湖からの帰りに、昨年GIOSを購入した国分寺市のミツイキサイクルさんに立ち寄り、各部の増し締め・リアディレイラーのインデックス調整などを行なってもらいました。こちらのお店では、アフターサービスとして3年間無料点検・無料調整を行なっていただけるのがありがたいです。

点検作業
点検作業 posted by (C)Yongyi

4月には今年初めてのイベント「第18回ツール.ド.草津」が控えていますので、真剣にトレーニングに励みたいと思います(毎年同じ事を言っています)。

第1回wiggle東京グランフォンド2012/10/07 15:05

スタート地点
スタート地点 posted by (C)Yongyi

最近はスポーツ、特に自転車のイベント情報の入手はメールマガジンに頼っていますが、そんな中先日もスポーツエントリーさんから「第1回wiggle東京グランフォンド」なるイベントの情報が入り、参加概要を読んでみますと競技ではなく交通ルールを順守したサイクリングイベントとのこと。

ルートは青梅市をスタートして奥多摩周遊道路を走り、再び青梅市に戻ってくるというもの。(参照:ルートラボ

奥多摩周遊道路は9年前に走って以来ご無沙汰していて、たまには行ってみたいなぁとは思いつつも、なかなか時間の関係で行けなかったので、先週の「第2回まえばし赤城山ヒルクライム」の直後ではありましたが、ちょうどいい機会と思い早速参加申し込みをしました。

月夜見第1駐車場にて(2003年)
月夜見第1駐車場にて(2003年) posted by (C)Yongyi

さて、イベントとなると気になるのが天気ですが、前日までは夜明けくらいに雨は止むと報じられていましたが、当日の朝になっても雨は降り続いていてガッカリ。

傘を差しながら自転車の組み立て・着替え・受付を済ませて、集合時間にスタート地点へ移動。この日の参加者はどのくらいだったでしょう?パッと見100人弱と言ったところでしょうか?

スタート前風景
スタート前風景 posted by (C)Yongyi

簡単な競技説明の後、25人ひとグループで8時少し前にゆっくりスタート。雨の中の走行経験はあるのですが、やはり辛いものがありますね。走りながら「何で俺はこんな事をしているんだろう?」と自問自答したりしています。

それにしても参加者の皆さんは日頃から自転車だけでなく、水泳などのトレーニングをしているだけあって流石に体力があります。

スタート直後の平坦区間で既に追いつくのが難しく、黒沢二丁目交差点から先トンネルに至る上り坂で早々にちぎれてしまいましたが、青梅街道に出る信号でなんとか3人に追い付き、幸いペースがほぼ同じだったので4人で小河内ダムまで走り(私は最後尾で引っ張ってもらい?)ました。

奥多摩駅前通過が1時間10分、小河内ダム通過が1時間半と記憶しています。小河内ダムを登ってしまえば、ここから先はほぼ平坦区間になると分かっていましたし、ここまで最後尾で体力を温存させてもらったので、先頭交代をして奥多摩湖の最深部まで走りましたが、小菅村の入り口で上り坂が始まると体力が尽きて途端にペースが落ちて、ここで集団は分解したまま最初のチェックポイント「村の駅・ほうれん坊」に到着。

第1チェックポイント
第1チェックポイント posted by (C)Yongyi

スタートからちょうど2時間。ルールでは2時間半で到着できなかった選手は、車に乗せられることになっていたので、なんとか時間内に走ることができてホッと一息。

店内でくつろいている選手も見受けられましたが、この先の上り坂で更にペースダウンすることを考えると、ノンビリもしていられません。

ここへ到着するあたりから雨が止んできたので、着ていたレインコートを丸めて背中に押し込み、慌ただしく補給食を口にしながら10分ほどで再スタート。

次のチェックポイントは奥多摩周遊道路の登り口にある「山のふるさと村・やませみ」。スタートから2時間35分。

第2チェックポイント
第2チェックポイント posted by (C)Yongyi

ここもたいして休まずすぐにスタート。9年前に奥多摩周遊道路を走った時は、いわゆる走り屋の車やバイクが相当な勢いで走っていて、チョットでもフラついて車道の中央部に出ようものなら轢かれかねない恐怖感を味わいながら坂道を登っていましたが、今日は天気・路面状態が悪かったからでしょうか?それとも途中に工事区間があって対面通行を余儀なくされて面白みがなかったからでしょうか?馬鹿みたいに飛ばす車・バイクはほとんどいなかったのは幸いでした。

静かな山道を独りトボトボ登っていると、山の中から鹿や猿の鳴き声が聞こえてきます。途中でかなりの数の猿を見ることが出来ました。車道のすぐ脇では毛づくろいをしている猿がいたので、写真に撮ってけば良かったと後悔しています。

頂上の風張峠まで一気に登るのは無理とハナから諦めていたので、計画通り「月夜見第1駐車場」で小休止。

月夜見第1駐車場にて
月夜見第1駐車場にて posted by (C)Yongyi

「山のふるさと村・やませみ」を出発してから1時間20分でようやく風張峠に到着。前回は気が付きませんでしたが、東京都の道路の最高地点の碑が建っていたので、ここも押さえておこうと記念撮影。

風張峠にて
風張峠にて posted by (C)Yongyi

ここから少し下って第3チェックポイント「檜原都民の森」にはスタートからちょうど4時間の12時に到着。

バイクスタンド
バイクスタンド posted by (C)Yongyi

入り口にある土産物屋兼食堂で昼食。参加費用には1,000円分の飲食代も含まれていて、受付時に10枚綴りのチケットを渡されたのでここで使用。ビーフカレーを注文しましたが、結構ボリュームがあって峠を登って体力を消耗した身体にはちょうど良かったです。

時間的には多少余裕はあったのでしょうが、まだまだこの先苦手な上り坂が残っていて、そのことが頭の中にあったので、食後ほとんど休む間もなく下山開始。30分程走って山を下りきったところにある第4チェックポイント・特産物直売場「やまぶき屋」さんで小休止。

第4チェックポイント
第4チェックポイント posted by (C)Yongyi

下り坂で冷えた身体を温かいお茶を飲んで温めてからおもむろに出発。

最終の第5チェックポイント「檜原村地域交流センター」も無事通過して、後は一路青梅市のゴールを目指すわけですが、心配だったのは五日市駅を過ぎてから梅ヶ谷峠までの上り坂。

第5チェックポイント
第5チェックポイント posted by (C)Yongyi

既に95km近く走ってきて疲れた身体に峠までの約5kmは、スタート前から不安でしたし、過去に1回逆方向から登っただけなので、走っていても先が読めないことで余計に疲れてしまいましたが、スタートからちょうど6時間でなんとか無事通過。

最後に青梅坂下を左折して始まる上り坂もなんとかクリアして、後はゴールだけかと喜んでいたところ(事前にルートマップをよく見ていない私が悪いんですが)、小會木街道を右折してさらに坂道を登るようスタッフに指示されてガッカリ。

ほとんど惰性で走って疲れきったところで、ゴール直前の上り坂は相当堪えましたが、最後は緑の芝生に向かって一気に坂道を下るゴールは結構達成感がありましたし、選手一人ひとりを大声で迎えてくれたスタッフに感謝感謝です。

ゴール風景
ゴール風景 posted by (C)Yongyi

最後に完走証をいただいて、全行程118km(私のメーターによる)のグランフォンド初参加は、特に目立ったトラブルもなく無事終了しました。(スタートから6時間48分)

前半天気が悪くてどうなることかと心配しましたが、なんとか回復して晴れてくれて、楽しい一日を過ごせました。次回も同様のイベントがあればぜひ参加したいと思います。主催者・スタッフの皆様ありがとうございました!

完走証と参加賞
完走証と参加賞 posted by (C)Yongyi