青砥行き2013/02/11 22:12

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団
ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 posted by (C)Yongyi

昨秋錦糸町で定期演奏会を行った「ブロカートフィルハーモニー管弦楽団」さんから先日招待状が届いたので、三連休の最終日は多摩の田舎から電車を乗り継いで、はるばる葛飾区の青砥へ出かけて来ました。

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第31回記念定期演奏会

 フォーレ 組曲「マスクとベルガマスク」Op.112
 ビゼー 「アルルの女」第2組曲
-休憩-
 シューマン 交響曲第3番 Op.97「ライン」
-アンコール-
 ビゼー 「アルルの女」から

前回の錦糸町といい今回のかつしかシンフォニーヒルズといい、素晴らしいホールが結構あるもんですな。こういう機会でなければなかなか施設内部に入ることは出来ないので、良い体験をさせてもらいました。

錦糸町行き2012/09/23 21:17

錦糸町北口駅前にて
錦糸町北口駅前にて posted by (C)Yongyi

2ヶ月程前、「ブロカートフィルハーモニー管弦楽団」なるアマチュアオーケストラに所属している社員から、「演奏会のチケットを希望者にお配りします」と社内メールが配信されて来て、無料という言葉にめっぽう弱い私は、すかさず申し込んで本日錦糸町まで出かけてきました。

錦糸町へ来たのは、2年半前に職場の自衛消防隊として「本所防災館」を見学しに来て以来です。

まずは適当なところで腹ごしらえをと思い、雨が降っていたので手短なところで北口駅前のアルカキット錦糸町のレストラン街へ直行。

特に「これを食べたい」と決めていたわけでもなく、ただ入口で待たずに入れて値段が手頃であれば良い程度の気持ちで、たまたま見つけたベトナム料理店へ入って、セットメニューを注文。

ベトナム料理
ベトナム料理 posted by (C)Yongyi

さほど待たされずに出された料理には、「パクチー(香菜)」が別の皿に添えられていました。このパクチー苦手な人が多いようですけど、私は結構好きですね。久しぶりに独特の匂いを嗅いで嬉しくなり、美味しく頂きました。

食後は隣の「すみだトリフォニーホール」へ。

開場10分ほど前でしたが、「アマチュアオーケストラのコンサートだし、すんなり入場出来るだろう」と高をくくっていましたら、入口には物凄い行列が形成されていてビックリしました。

それでも幸いスムーズに入場出来、何も考えずに1階席に入ったところ、ちょうど最後列の中央が空いていたのでそこに着席。

こちらのホールはもちろん始めてですが、正面にはパイプオルガン、木の壁や座席でなかなか落ち着いた趣のある造り、適度な傾斜で前の人の頭も気にならず、最後列でもステージまでそれほど距離を感じない適度な空間に感心しました。ピアニストのマルタ・アルゲリッチ女史がこのホールをお気に入りとの話もうなずけます。

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第30回記念定期演奏会

 J.S.バッハ(ストコフスキー編曲) トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
 C.ドビュッシー 夜想曲
-休憩-
 G.ホルスト 組曲「惑星」 Op.32
-アンコール-
 J.S.バッハ カンタータ「主よ人の望みの喜びよ」
 (合唱:樹の会)

さて、肝心の演奏については、この前の日少し夜更かししたため、演奏者には大変申し訳無いのですが、睡魔には勝てずに少しウトウトしてしまったのと、一つ席を隔てた右隣に座っていた爺が終始ボソボソ独り言を言っているのと、離れた客席からも何かしらガサゴソ雑音が聞こえたり、楽曲間にこれみよがしに咳をしたりザワザワする音が気になって、正直演奏に集中出来なかったのは残念でした。

それとは別ですが、このホールの構造によるものなのでしょうか?人間の声が非常によく響くと言いますか、よく通ったのは強く印象に残っています。合唱然り演奏後の指揮者の挨拶が、マイク無しでハッキリと聞こえたのには驚きました。

まぁそんなこんないろいろありましたが、この週末は一昨日に引き続いて生のオーケストラを聴くことが出来、満足して帰宅の途につきました。

すみだトリフォニーホール 大ホール
すみだトリフォニーホール 大ホール posted by (C)Yongyi

「ウエスト・サイド物語」を観る・聴く2012/09/21 22:20

東京国際フォーラムにて
東京国際フォーラムにて posted by (C)Yongyi

サイクルイベントの申し込みのため登録している「スポーツエントリー」からは、時折スポーツイベント以外の催し物情報が配信されて来ます。

大抵はあまり興味のない催し物なのですが、今月初めに送られてきたメールは、ミュージカル「ウエスト・サイド物語」と題され、「映画上映50周年を祝うべく、世界各公演地の最高のオーケストラがレナード・バーンスタインによる感動的なオーケストラ用スコア、そしてスティーブン・ソンドハイムによる曲を生演奏し、最新鋭のスクリーンで新しくリマスターされた映画が上映され、生のオーケストラにオリジナルの音声と台詞が生き返ります。(メール本文より引用)」と書かれ、更にオーケストラの指揮者が作曲者:レナード・バーンスタインの愛弟子で、現在脂が乗りに乗っている佐渡裕氏とあっては、否が応でも興味を掻き立てられ、「これは聴かずにはいられない」と早速チケットを購入して、会場の有楽町・東京国際フォーラムへ出かけました。

東京国際フォーラムへは、昨年夏の東日本の文化復興支援プロジェクト「ARK NOVA - A Tribute to Higashi Nihon~東日本への贈りもの~」以来1年ぶりです。

開場してホールに入ると、ステージ上には数名のオーケストラ団員が最後の調整をやっている最中で、その背後には巨大なスクリーンが設置され、有名なソウル・バスデザインのマンハッタンの鳥瞰図が映し出されていました。また客席中央には、カメラやモニター、ミキサーなど数多くの機器が設置されていました。

東京国際フォーラムにて
東京国際フォーラムにて posted by (C)Yongyi

開演時刻になり、指揮者の佐渡氏が舞台挨拶で登場。映画が公開された1961年は興味深い年であると話し始めました。

話によると、この年は佐渡氏の師匠:レナード・バーンスタインが、アシスタントに小澤征爾氏を伴って来日した年であると共に、佐渡氏自身が生まれた年と説明すると会場からは拍手が。この日の昼間、1回目の公演を行ない成功を収めたとの報告もあり、ますます期待が高まります。

佐渡氏は挨拶を終えて一旦楽屋に戻り、入れ替わりに楽団員が入場してチューニングが終了し場内が暗くなると、再び登場し指揮台に上がり耳にヘッドホンを装着して上映開始です。

実際に音が聴こえるまでは、どんな感じになるのか疑問に感じていましたが、映画とほとんど変わりなく、最初は映画のサウンドトラックがそのまま流れているのか?と勘違いするほど違和感なく自然に聴こえたのには驚きました。

また、どうやって映像とシンクロさせるのかも疑問に思っていましたが、客席中央のモニタや指揮者の譜面台を見ると、それぞれのモニターにスクリーンと同じ映像が映し出されて、映像の上に左から右へ移動する縦線や、時折◯が点滅していることに気が付きました。

休憩時間にスタッフの方に伺うと、モニターの縦線と指揮者のヘッドホンの視覚・聴覚でタイミングを合わせているのだそうです。(ゲームセンターにある太鼓を叩く遊具の様な感じ?)

今日は映像の方に集中していたため、指揮者やオーケストラの奮闘ぶりはあまり見られませんでしたが、2時間半以上映像に合わせて演奏を続けるのは、普通のコンサートより遥かに大変だったろうと推察します。

残念ながら「マンボ」や「マリア」の冒頭では、若干ズレが発生してしまいましたが、それでも即座に修正したのは、流石にプロの面目躍如と言ったところでしょう。

会場いっぱいの来場者もこの作品を知り尽くした人達が多く、楽曲の終わり毎に入れる拍手のタイミングを心得ているのは流石でした。

10時過ぎに無事終演。ひと仕事終えた佐渡氏の感動にむせぶ顔がアップになって、会場の熱気は最高潮に盛り上がり、スタンディングオベーションが起こりましたが、この日は本当に良い体験が出来ました。

次回同様のコンサートが開催される機会があれば、ぜひまた聴きに(観に)来たいと思わずにはいられません。

世界の映画史に残る素晴らしい作品を制作した半世紀前の関係者はもちろん、今回の巨大なプロジェクトに関係された皆様に感謝を申し上げます。

演奏会へ行く2011/11/27 18:36

東京農工大学OB管弦楽団
東京農工大学OB管弦楽団 posted by (C)Yongyi

今日は久しぶりに生のオーケストラを聴こうと、昼過ぎ府中市の「府中の森芸術劇場 どりーむホール」の東京農工大学OB管弦楽団・第23回定期演奏会へ行って来ました。

毎年案内の葉書をいただくもののなかなか予定が合わず、ここ数年失礼させてもらっていたのですが、今回はプログラムにショスタコーヴィチの大曲・交響曲第5番と書かれていたので、これは是非聴きに行かねばと言うことで、3年ぶりに出掛けた次第です。

本日のプログラムは下記の通り。

東京農工大学OB管弦楽団 第23回定期演奏会

 L.V.ベートーヴェン エグモント序曲 作品84
 P.I.チャイコフスキー スラブ行進曲 作品31
-休憩-
 D.ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 作品47
-アンコール-
 M.ラヴェル マ・メール・ロワ 〜 終曲 妖精の園

演奏については、楽譜が読めないくせにヴァイオリンを始めて2年で挫折してそれっきりの人間が言うのも生意気ですが、弦楽器群に比べると管楽器群が不安定で、気になりだすとそれに気持ちが行って曲に集中出来ないのが残念でした。

それでも楽団員の皆さん、普段の生活の合間を縫って練習に勤しんでいらっしゃる事を考えれば、なかなかの水準の演奏だったと思います。

それと演奏云々ではなくて、指揮者の解釈と言うことになろうかと思いますが、交響曲の第4楽章のテンポが、冒頭はゆっくりとしたテンポで進行して、このままのテンポで終わるかと思いきや、コーダでいきなりテンポを上げて慌ただしく終了したのが疑問に残りました。

まあそんなこともありましたが、アンコール曲では美しいアンサンブルを響かせて演奏会は無事終了。

次回はどんな演奏を聴かせてくれるでしょうか?また機会があれば足を運びたいと思います。

上野界隈を歩く2011/11/03 22:02

上野鈴本演芸場にて
上野鈴本演芸場にて posted by (C)Yongyi

今日は(社)落語協会の復興支援寄席の日。

五街道雲助・柳家小満ん・金原亭伯楽と渋い師匠連を見て、これは是非聴きに行かねばと、早朝洗濯を済ませて中央線に飛び乗りました。

ところが何をどう間違えたのか、会場を池袋演芸場だと思い込み現地に到着したところ、それらしい様子が感じられなくて、おかしいなとTwitterでつぶやいたところ、フォローされている噺家の師匠からすかさず「復興支援寄席は鈴本ですよ」と連絡があり、慌てて山手線に飛び乗って上野へ。

ところで話は違いますが、噂には聞いていましたが、池袋駅の北口周辺には中華街が出来るくらい中国物産を扱うお店があって、北口を出た瞬間周囲に漂う空気の匂いが、中国を旅行した時に感じたのと同じだったのには驚きました。

さて、慌ただしくも9時過ぎに上野鈴本演芸場に到着。さほど待たず9時半頃に開場し入場。

今日の演目は下記の通り。

落語協会復興支援寄席『第二回 じっくり落語会』

 五街道 雲助 「ずっこけ」
 柳家 小満ん 「二十四孝」
 金原亭 伯楽 「芝浜」

今日は実演で聴くのは初めての噺ばかりで、なかなか新鮮でした。

「ずっこけ」の雲助師、陽気な酒飲みを演じるともう最高です。期待通りの高座でした。

小満ん師、午前中でまだ本調子ではなかったからでしょうか、セリフがすんなり出てこない箇所が見受けられたのは残念でしたが、それでも大いに楽しませていただきました。

伯楽師は短い挨拶の後すぐに噺に突入。もう「芝浜」の季節なんだなぁと思いながら聴いていました。3人で1時間半ですから、1人当たりの持ち時間も長く、伯楽師も終演時間を過ぎてタップリ演じて下さいました。

終演後、チョット早めの昼食をと思い、前回鈴本演芸場からの帰りに御徒町駅へ向かう途中で見かけた生煎包(焼き小龍包)の店を思い出し、テイクアウトして上野公園で食べようかと思い、件の店に向かいました。

店頭に生煎包、スープ、炒飯セットのサンプルがあり、小姐に店内で食べられるのかと尋ねたら、2階へどうぞと案内されて店内で食べることにしました。

ほどなく出された生煎包は、なかなか大きくて形や焼き方など本場・上海で見た物とほとんど同じで、中には熱々のスープもタップリ入っていて大満足でした。(こちらのブログには、同じお店の池袋店の様子が紹介されています)

生煎包(焼小龍包)
生煎包(焼小龍包) posted by (C)Yongyi

食後はアメ横のお店を覗きながら再び上野駅方面へ戻り、恩賜上野公園の入口にある東京文化会館へ。ここで昨日から22日まで東京文化会館50周年記念で開催されている、写真家・木之下晃氏の写真展「20世紀のマエストロ100人」を観ました。

木之下晃写真展
木之下晃写真展 posted by (C)Yongyi

クラシック音楽に興味を持ち始めた頃から、音楽家の写真と言えばほとんど木之下氏の作品ですが、古今東西のマエストロの決定的瞬間を捉えた写真の数々、やはり大伸ばしにしますと迫力がありますな。

それにしてもコンサート会場と言うそれほど光量がないところで、どうやって速い動きを捉えるのでしょうね?相当フィルムの感度を上げていると思われますが、この辺りのデータも付け加えてもらえると参考になります。

っと、朝早くから上野界隈を歩いて、帰りに新宿のタワーレコードに注文したクラシックのDVDが入荷したとの連絡が入ったので、新宿に立ち寄り、自宅近くのスーパーで食糧の買い出し、図書館で本やCDを借りて早めに帰宅しました。