黒門亭へ行く2011/12/03 17:06

ネタ帳
ネタ帳 posted by (C)Yongyi

今日は朝から雨模様。こんな日は家でゆっくりしていたいところですが、あいにく月に一度の診察&薬をもらう日で、新宿まで出かけなくてはなりません。

どうせ雨の中出かけるのなら、その前にちょっと(?)足を延ばして上野・御徒町の黒門亭へ。

数日前に(社)落語協会の黒門亭の情報を確認したところ、今日の1部のトリが柳家小満ん師で「富久」を掛けると書かれており、先代文楽の流れを汲む小満ん師の口演は是非聴いておきたいと思い出掛けた次第です。

第1825回 黒門亭1部

-開口一番-
 柳家 いっぽん 「道灌」

 古今亭 ちよりん 「やかん」
 天乃家 白馬 「初天神」
 無月亭 清麿 「恐怖のタクシー」(作:山田浩康)
-仲入り-
 柳家 小満ん 「富久」

今日は小満ん師を除いてお初見の噺家さんばかり。

前座のいっぽんさんは大柄な体つきで、後で協会のHPを見たら柔道の有段者。高座名は柔道から来ているんですな。生まれは1990年ですから、平成生まれの噺家さんです。

二ツ目のちよりんさんは、黒門亭へ行くといつも玄関先で甲斐甲斐しく働いている姿を見かけるのですが、これまで実演に接したことはありませんでした。出身が私と同郷・群馬県とのこと。今度機会があれば群馬のどこか尋ねてみたいものです。

白馬師は先代馬生師のお弟子さん。噺は飴玉のエピソードは省いて団子屋と、凧揚げで息子が嘆く最後まで。

歌麿師はパッと見(失礼ながら)噺家と言うよりどこにでもいるサラリーマンと言った風貌ですが、それが逆に新作落語には幸いしているのでしょう。今回の噺に登場するサラリーマンやタクシー運転手が似合っていたと思います。

噺は今年の「落語協会の噺家が選ぶ2011新作落語」で選ばれたばかりの作品で、最近の芸能・スポーツネタが織り込まれています。作者はアニメのルパン三世の声を担当してた、山田康雄氏のご子息だそうです。

仲入り後は、高座にお茶が出されてお待ちかねの小満ん師の登場。

マクラで「もう富久の季節ですな」と時候の挨拶。12月の別名の話をサラっとして噺に。

聴いていて良かったのは、幇間:久蔵の酒を飲む仕草。浅草の自宅で富くじに当たったらと想像しながら、一人しみじみ飲む場面もさることながら、芝のお店へ手伝いに駆けつけ、帳面をつけながら火事見舞いに届けられた酒を、喉を鳴らして飲む場面は絶品でした。

ただ、時間の関係なのか、その後がなんとなくせわしなく進行している感じがしました。富くじの抽選の場面以降、久蔵が半狂乱になる場面から一転して当たり札が出て来るラストまでは、もっとじっくり演って欲しかったなと感じました。

2時を少し回って終演。小満ん・清麿両師匠に見送られて表に出ると、今日もちよりんさんが玄関先で来場者を見送っていました。

午前中激しく降っていた冷たい雨もすっかり止んで、雲間からは青空が見えました。

上野・鈴本演芸場 12月上席7日目 夜の部2011/12/07 23:10

不忍寄席師走賑(すずもとのせきしわすのにぎわい)

先日どなたかのブログだかツイッターで、鈴本演芸場の12月上席の主任(トリ)の五街道雲助師が、連日ネタ出しで暮れ(冬)にちなんだ落語を上演していることを知り、鈴本演芸場のサイトを詳しく見たら割引券(上の絵)もあってお得に入場できるとのことで、雲助師がトリを務める興行を見たことがなかったこともあり、「掛取万歳」を演じるこの日、仕事帰り出かけてきました。

「掛取万歳」は陽気で賑やか、屈託の無い如何にも落語らしい噺の一つですが、狂歌・喧嘩はともかく、義太夫・芝居・三河万歳と様々な芸能の素養を要する噺で、噺家さんの力量が大いに試される難しい演目だと思います。

後半を省略した「掛取」は、過去に金馬師の実演やラジオ放送で市馬師の口演を聴いたことがあるのですが、フルバージョンは以前テレビ「落語研究会」でさん喬師、そしてちょうど1年前に上映された「シネマ落語」で6代目圓生師の映像を観ただけで、実演に接したことがなかったので、この日の雲助師の口演は非常に楽しみでした。

上野・鈴本演芸場 12月上席7日目 夜の部

 (途中から入場)
 入船亭 扇辰 「紋三郎稲荷」
-仲入り-
 柳家 紫文 三味線漫談「長谷川平蔵市中見廻り日記」
 柳家 はん治 「ぼやき酒屋」(作:桂三枝)
 林家 二楽 紙切り(桃太郎・桜・なでしこジャパン)
 五街道 雲助 「掛取万歳」(狂歌・喧嘩・義太夫・芝居・三河万歳)

高座に登場した雲助師、お馴染みの挨拶から始まって、5円の工面の話から本筋へ。

聴いていて良かったのは、喧嘩の場面でのやり取り。威勢のいい啖呵は、さすが下町生まれの雲助師ならでは。そして魚屋が帰った後に「春には少し入れなきゃ」と言うセリフに、夫婦の優しい人柄が出て印象に残りました。

続く義太夫・芝居・三河万歳も芸達者なところを魅せて、30分を優に超える大熱演!

終演後座布団から降りた雲助師、流石に憔悴しきった感じで、目が少し潤んでいましたが、本当に期待通りの口演で大満足でした。どうやら毎年暮れの恒例行事となっているらしいので、来年またこのような興行があれば是非出掛けてみたいと思います。

最後に、こちらのページ(雲助ぶつくさ)は、演じる側の苦心談を読むことが出来る、なかなか面白い読み物です。

忘年会と皆既月食2011/12/10 20:02

皆既月食
皆既月食 posted by (C)Yongyi

今晩は、所属する自動車クラブ「SAFETY FIRST MOC 1994」の忘年会。

結成以来17年が経過して、残念ながら今ではMINIを手放してしまったり、家庭や仕事の事情でなかなかイベントに参加できないメンバーが多くなってしまい、イベント自体も年に1回のツーリングと暑気払い・忘年会を開催する程度になってしまいましたが、それでもこの日は結成当時のメンバーを含む7人が集まってくれました。

10時近くまで飲んで騒いで、表に出てみると今宵は11年振りの皆既月食とあって、駅前には多くの人が掛けた月を見上げていました。携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影している人も数多く見受けられましたが、流石にボヤけてしまってダメでしょう。

私は帰宅してから、予め準備しておいたデジカメ一眼を担いで、食の最大の頃に再び表へ出ました。

月全体が暗くなるのではなくて一部は結構明るいんですな。ISOを最大に上げて撮影しましたが、シャッタースピードが遅くて若干ブレてしまったのがチョット残念でした。

谷保天満宮旧車祭20112011/12/11 21:15

谷保天満宮旧車祭ポスター

師走の国立市・谷保天満宮の恒例行事となった感のある「谷保天満宮旧車祭」が、絶好のイベント日和の中で開催されました。

今年わがCountrymanは「007」と、ボンドカーのようなゼッケンナンバーを頂き、早朝7時半に会場へ向け出発しようとしたのですが、ここ数日の寒さで心配していた通りバッテリーが弱くなっていて、なかなかエンジンが掛からず冷や汗をかきました。

何度か始動を試みてなんとか無事指定時刻に会場に到着。参道へ誘導され例のごとくギャラリーにお尻を向けて停車。

わが愛車
わが愛車 posted by (C)Yongyi

それにしても旧車祭のウェブサイトによれば、今年の参加希望台数は424台だったとか。3回目にして早くも巨大なイベントに成長したんですな。抽選で選ばれた100数10台は、境内の駐車場を初め、参道やら本殿前など駐車できるスペースを使って、ところ狭しと並べられました。

昨年同様、師走とは思えない暖かな陽気に誘われて、お祭り会場には大勢のギャラリーが詰め掛け、あちこちで盛んな自動車談義が繰り広げられていました。

谷保天満宮旧車祭 会場
谷保天満宮旧車祭 会場 posted by (C)Yongyi

2時過ぎに境内での展示は終了。その後は「遠乗り会」ならぬ「近乗り会」と称し、国立の大学通りを適宜走るイベントに移りました。

大学通りにも大勢のギャラリーが待ち構えていて、走行シーンをカメラに収めたり、クルマに向け盛んに手を振る様子が見られました。

久しぶりの多摩湖2011/12/17 19:38

村山下貯水池にて
村山下貯水池にて posted by (C)Yongyi

このところ腰痛が酷く、何が原因だろうといろいろ考えてみましたが、どうやら運動不足で筋力が落ちているのではないか?との結論にいたり、鈍った体を動かそうと今シーズン一番の寒さの中、2ヶ月ぶりに多摩湖まで往復してきました。

いつもと同じように、多摩湖周遊路を時計回りにまず1周。シーズンオフと言うことで少し気を抜いたこともありますが、路面には結構落ち葉があってあまり飛ばして走ることが出来なかったので、1周約38分でしたが久しぶりにしてはまずまずでした。

今日も2周目の終盤は村山下貯水池の堤体に立ち寄って、湖面を眺めていましたが、ほぼ無風状態だったため意外に暖かで、晴れた空の彼方には雪をかぶった富士山や、東の方角には東京スカイツリーがクッキリと見えました。(本日の走行距離:47.09km)

富士山
富士山 posted by (C)Yongyi