上野界隈を歩く2011/11/03 22:02

上野鈴本演芸場にて
上野鈴本演芸場にて posted by (C)Yongyi

今日は(社)落語協会の復興支援寄席の日。

五街道雲助・柳家小満ん・金原亭伯楽と渋い師匠連を見て、これは是非聴きに行かねばと、早朝洗濯を済ませて中央線に飛び乗りました。

ところが何をどう間違えたのか、会場を池袋演芸場だと思い込み現地に到着したところ、それらしい様子が感じられなくて、おかしいなとTwitterでつぶやいたところ、フォローされている噺家の師匠からすかさず「復興支援寄席は鈴本ですよ」と連絡があり、慌てて山手線に飛び乗って上野へ。

ところで話は違いますが、噂には聞いていましたが、池袋駅の北口周辺には中華街が出来るくらい中国物産を扱うお店があって、北口を出た瞬間周囲に漂う空気の匂いが、中国を旅行した時に感じたのと同じだったのには驚きました。

さて、慌ただしくも9時過ぎに上野鈴本演芸場に到着。さほど待たず9時半頃に開場し入場。

今日の演目は下記の通り。

落語協会復興支援寄席『第二回 じっくり落語会』

 五街道 雲助 「ずっこけ」
 柳家 小満ん 「二十四孝」
 金原亭 伯楽 「芝浜」

今日は実演で聴くのは初めての噺ばかりで、なかなか新鮮でした。

「ずっこけ」の雲助師、陽気な酒飲みを演じるともう最高です。期待通りの高座でした。

小満ん師、午前中でまだ本調子ではなかったからでしょうか、セリフがすんなり出てこない箇所が見受けられたのは残念でしたが、それでも大いに楽しませていただきました。

伯楽師は短い挨拶の後すぐに噺に突入。もう「芝浜」の季節なんだなぁと思いながら聴いていました。3人で1時間半ですから、1人当たりの持ち時間も長く、伯楽師も終演時間を過ぎてタップリ演じて下さいました。

終演後、チョット早めの昼食をと思い、前回鈴本演芸場からの帰りに御徒町駅へ向かう途中で見かけた生煎包(焼き小龍包)の店を思い出し、テイクアウトして上野公園で食べようかと思い、件の店に向かいました。

店頭に生煎包、スープ、炒飯セットのサンプルがあり、小姐に店内で食べられるのかと尋ねたら、2階へどうぞと案内されて店内で食べることにしました。

ほどなく出された生煎包は、なかなか大きくて形や焼き方など本場・上海で見た物とほとんど同じで、中には熱々のスープもタップリ入っていて大満足でした。(こちらのブログには、同じお店の池袋店の様子が紹介されています)

生煎包(焼小龍包)
生煎包(焼小龍包) posted by (C)Yongyi

食後はアメ横のお店を覗きながら再び上野駅方面へ戻り、恩賜上野公園の入口にある東京文化会館へ。ここで昨日から22日まで東京文化会館50周年記念で開催されている、写真家・木之下晃氏の写真展「20世紀のマエストロ100人」を観ました。

木之下晃写真展
木之下晃写真展 posted by (C)Yongyi

クラシック音楽に興味を持ち始めた頃から、音楽家の写真と言えばほとんど木之下氏の作品ですが、古今東西のマエストロの決定的瞬間を捉えた写真の数々、やはり大伸ばしにしますと迫力がありますな。

それにしてもコンサート会場と言うそれほど光量がないところで、どうやって速い動きを捉えるのでしょうね?相当フィルムの感度を上げていると思われますが、この辺りのデータも付け加えてもらえると参考になります。

っと、朝早くから上野界隈を歩いて、帰りに新宿のタワーレコードに注文したクラシックのDVDが入荷したとの連絡が入ったので、新宿に立ち寄り、自宅近くのスーパーで食糧の買い出し、図書館で本やCDを借りて早めに帰宅しました。

新宿末廣亭11月中席9日目2011/11/19 23:42

新宿末廣亭
新宿末廣亭 posted by (C)Yongyi

とりあえず備忘録として。

夜の部主任:喬太郎師の強烈な「寝床」に圧倒された1日でした(^^

新宿末廣亭 11月中席9日目(昼の部)

-開口一番-
 柳家 緑太 「たらちね」

 林家 たこ平 「ラブレター」
 ホンキートンク 漫才
 林家 さん歩 「フィ」
 柳家 小満ん 「間抜け泥」
 花島 世津子 奇術
 橘家 文左衛門 「道灌」
 春風亭 正朝 「町内の若い衆」
 ぺぺ桜井 ギター漫談
 柳亭 小燕枝 「家見舞」
 桂 文楽 「替り目」
 林家 正楽 紙切り(相合傘・江戸っ子・大相撲・光源氏・茶筅)
 鈴々舎 馬風 漫談:男の井戸端会議
-仲入り-
 林家 錦平 「権助提灯」
 大空 遊平・かほり 漫才
 林家 正雀 「花筏」
 桂 文生 「目薬」
 柳貴家 小雪 太神楽
 林家 鉄平 「紀州」

新宿末廣亭 11月中席9日目(夜の部)

-開口一番-
 柳家 さん坊 「真田小僧」

 柳亭 市江 「熊の皮」
 柳家 亀太郎 俗曲
 三遊亭 美るく 「幇間腹」
 古今亭 菊志ん 「あくび指南」
 松旭斉 美智 美登 奇術
 柳亭 市馬 「雑俳」
 むかし家 今松 「親子酒」
 林家 ペー ギター漫談
 柳家 小さん 「看板のピン」
 五街道 雲助 「代書屋」
-仲入り-
 金原亭 世之介 「堪忍袋」
 笑組 漫才
 柳家 小団治 「子ほめ」
 柳家 小せん 「新聞記事」
 鏡味 仙三郎社中 太神楽
 柳家 喬太郎 「寝床」

新宿・原宿散策2011/11/20 22:35

表参道ヒルズ・同潤館にて
表参道ヒルズ・同潤館にて posted by (C)Yongyi

今日は昨日とは打って変わって、日中は晴れの良い天気になりました。

この陽気に誘われて、という訳ではないですが、かねてから予定していた新宿・ニコンサロンの写真展の見学をし、刺激を受けた後、原宿・表参道ヒルズのギャラリー412で開催中の、財津昌樹氏の「トイレで知る・考える」カレンダー展に昨年に引き続いて行って来ました。

新宿エルタワーからの眺め
新宿エルタワーからの眺め posted by (C)Yongyi

ファミリー落語会2011/11/23 22:36

ファミリー落語会の会場
ファミリー落語会の会場 posted by (C)Yongyi

地域の落語会に通ううちに、ひょんなことからメンバーの方にお誘いの言葉をかけられて、会を運営する側に加わって、この日落語会が開催されました。

私の役割は会場の設営と撮影係。写真については何も話していないのですが、どういうわけかどこへ行っても不思議と写真に関わるお役を負うことが多いですな。まぁひと通り機材は持っていますし、無駄にカメラ歴は長いですから、写真を撮るくらいはお安い御用なんですが。

会場の武蔵境駅前の「武蔵野プレイス」には、予想を上回る150名余りのお客様で沸き返り、当会にはお馴染みの林家正雀師匠、そして今回の共演者は、「オタク」の世界を描いた新作落語で人気の柳家小ゑん師匠と、前座の三遊亭ありがとうさんにお越しいただいて、賑々しく幕を開けました。

この日の出演者と演目は下記の通り。

ファミリー落語会(第12回東町落語を聴く会)

-開口一番-
 三遊亭 ありがとう 「動物園」

 林家 正雀 「毛氈芝居」
 柳家 小ゑん 「鉄の男」(フルバージョン)
-仲入り-
 林家 正雀 「お富与三郎」(上:発端・見染め、赤間の仕返し)

「毛氈芝居」は初めて聴く噺です。マクラで食通の殿様の話が出てきたので、「目黒のさんま」かな?と思ったところ、途中から芝居好きの田舎の殿様が登場して演目が変わりました。(あとで伺ったところ、やはり「目黒のさんま」を演るつもりで話し始めたそうですが、途中で急に気が変わったとのこと)

小ゑん師の高座を聴くのは今回で4回目ですが、毎回星空や水族館などを舞台に、非常に専門的な用語を羅列する「オタク」の世界が面白く、今回は「鉄ちゃん」の世界を描いた噺です。私も一般の人よりも多少「鉄分」が多いので、楽しく聴かせて頂きました。

トリは長講「お富与三郎」。通しで演ると2時間近くを要する噺で、昨年黒門亭で初めて聴いた時は、金原亭馬生師とのリレー形式での口演でした。

今回2度目のため、登場人物や背景がすんなり理解できて、あっという間に前半の切れ場まで来てしまいました。師匠ご自身も非常に乗り気で、「次回はこの続きを」とおっしゃられていましたので、約半年後までお楽しみです。

さてさて、次回の落語会はどうなりますか。ご来場の皆さんに楽しんでいただけるようがんばらねば。

菊之丞 柳朝 二人会2011/11/26 11:03

菊之丞・柳朝二人会
菊之丞・柳朝二人会 posted by (C)Yongyi

今月を振り返ってみますと、結構落語を聴いたひと月でした。

締めくくりは若手真打の注目株で、個人的にお気に入りの古今亭菊之丞師と、9月の鈴本演芸場以来注目し始めた春風亭柳朝師の二人会に出かけてきました。

会場は、学問の神様・湯島天神の掲題にある参集殿と呼ばれる集会施設で、私が到着した6時前には既に多くのお客様が詰めかけていて、最終的には座布団が足りず、畳に直接に座るお客様もいらっしゃるほどの盛況ぶりでした。

この日の出演者と演目は下記の通り。

第12回 菊之丞 柳朝 二人会 (於:湯島天神 参集殿)

-開口一番-
 三遊亭 ございます 「子ほめ」

 春風亭 柳朝 「悋気の独楽」
 古今亭 菊之丞 「寝床」
-仲入り-
 古今亭 菊之丞 「幇間腹」
 春風亭 柳朝 「芝浜」

トップバッターは前座の三遊亭ございますさん。先日のファミリー落語会に出演された三遊亭ありがとうさんの弟弟子。共に自己紹介をしただけで笑いが取れる噺家さんです。

続いての登場の柳朝師。マクラではやはりこのところ落語界・芸能界の話題になっている、立川談志家元死去に伴う思い出話。 演目は「悋気の独楽」。柳朝師は童顔なので小僧さんの役がハマっていました。

続く菊之丞師も談志家元の思い出話をチョット紹介。このような話を聞いていますと、立川流を立ち上げて落語協会を飛び出した当時を知らない若手の噺家さんにも、かなり影響を与えていたことが分かります。

演目の「寝床」は、先週の新宿末廣亭で柳家喬太郎師による「寝床」を聴いたばかりで、どうしても比較してしまいますが、思いっきり派手だった喬太郎師に対して、菊之丞師は至ってオーソドックスなもの。

ただ仲入り後に話されていましたが、この噺は橘家圓蔵師に教わったとのことで、時折挟むクスグリなどはなるほどと感じました。

仲入り後は、再び菊之丞師。マクラは以前も聞いたことのある、池袋演芸場でお客様と1:1で落語をした話から、幇間の話になって「幇間腹」。

菊之丞師の「幇間腹」は、以前もどこかで聴いたことがあったと思って、自分のネタ帳を開いてみたのですが、どうやらこれが初めてのようです。もしかしたらネット上の音声サイトか動画サイトを閲覧した時の記憶と混同しているのかも知れませんが、菊之丞師の幇間は、いつ見てもハマり役です。

トリは柳朝師。今年2度目に聴く「芝浜」。やはりこの季節しみじみ聴きたい噺ですな。

柳朝師の高座に接するのは2回目で、前回は「お見立て」だったので気が付かなかったのですが、「芝浜」の主人公:勝五郎のべらんめぇ口調がちょっとわざとらしく感じましたが、まだまだ若いですから今後に期待しましょう。

後半の大晦日における穏やかな家庭の風景や、続くおかみさんが夫に財布の件を打ち明け、許しを乞う辺りのやり取りは聴きモノでした。

下の写真は、今回の二人会に合わせて、先日Amazonで購入した菊之丞師の著書「こういう了見」。

前座時代の苦闘や、一人真打昇進で40日間のお披露目興行を務める辺りが赤裸々に書かれていて、一気に読ませる作品です。終演後に著者に直接サインをして頂きました。

こういう了見
こういう了見 posted by (C)Yongyi